Periodontology・歯周病

歯周病の原因は、口の中に存在する歯周病菌で、歯周病菌の増殖には生活習慣が大きく関係しています。

歯周病菌には口腔内の炎症には歯茎ぎりぎりまで炎症が進んでいる歯肉炎と、顎の骨にまで炎症が進行している歯周炎に分けることが出来ます。よく耳にする歯槽膿漏とは歯周炎の事を指します。
日本人の歯が抜けてしまう一番多い原因が歯周病で、国民の約80%が歯周病を患っている病気になります。歯周病は自覚症状がないため、気づかないうちに病状が進行してしまうため、歯科医院での診察が必要です。


歯茎の炎症

m3_0031.jpg

●歯茎の腫れや出血

●口内がネバネバする

●口臭が気になる

 

歯の周りの骨が溶けたことによる症状

●歯と歯の間に隙間ができる

●歯が緩んできて噛みににくさを感じる

●歯並びが変わってきたように感じる

 

細菌の種類

.jpg

歯周病原菌はう蝕以上に多くの細菌が関与しています。以下の5菌種が歯周病と強く関連する菌として分類されています。

●Aggregatibacter actinomycetemcomitans

●Prophyromonas gingivalis

●Tannerella forsythensis

●Treponema denticola

●Prevotella intermedia

 

歯周病検査

Bnaperio・バナぺリオ
Prophyromonas gingivalis・(P.ジンジバリス)
Treponema denticola・(T.デンティコラ)
Tannerella forsythia・(T.フォーサイス)

この3菌種が持つBANA分解活性(N-ベンゾイル-DL-アルギニルペプチダーゼ活性)を検出することにより、これら3種類の菌の存在を調べることができます。

バナペリオの検査方法

no2.jpg.jpg

.jpg.jpg


口臭検査

Oral Chroma・オーラルクロマ
H2S・硫化水素
CH3SH・メチルメルカプタン
(CH32 S・ジメチルサルファイド

お口の中の気体をシリンジで採取しガスクロマトグラフにかけることにより、以下の3種類の口臭のもととなる気体を分析し、その量とともにグラフ化します。

オーラルクロマの検査方法

.jpg.jpg

.jpg.jpg


歯と口腔の清掃

.jpg.jpg

_-_2.jpg.jpg


スケーリング

.jpg.jpg

.jpg.jpg


ルートプレーニング

.jpg.jpg

no2.jpg.jpg


歯周外科

.jpg.jpg

病状によっては歯周外科処置を行います。

 



ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
0598-22-3339